薄毛のリスクを高める原因

薄毛の原因は多岐にわたりますが、
どれも最初は日常のささいな行動がキッカケです。

例えば、シャンプーのやり方や食生活にしても、
普段何気なくしていることが頭皮に悪影響を与え、
そこからフケやべたつきなどのトラブルに発展し、
それが薄毛の原因になります。

薄毛のリスクを高める原因とは何なのか?
以下の項目に当てはまる人は要注意。
効果的な対策をとるためにも、自分の薄毛の原因をチェックしましょう。


【薄毛の主な原因】


  • 頭皮から分泌される過剰な皮脂
  • 過度のヘアケアによる頭皮の刺激
  • 間違ったシャンプーによる皮脂のとりすぎ
  • 運動不足やストレスなどの乱れた生活習慣
  • 偏った食生活
  • 血行不良
  • 頭皮を不潔にすることによるもの

以上のような行動をとってしまうと、
頭皮に大きな負担となり、免疫力が極端に低下します。
免疫力が低下した頭皮は、様々なトラブルが起こりやすい状態に。
例えば、フケやかゆみ、ニキビ、べたつき、臭いなど。
このような頭皮トラブルが進行するとAGAなどの脱毛症を引き起こし、
薄毛の原因になります。

薄毛は遺伝による影響もありますが、それ以上に上記のような
生活習慣や普段の行動が悪影響を与えています。
薄毛を改善・予防するためにも、上記の項目に当てはまった場合は
早めに見直し、改善しましょう。


薄毛は日常のちょっとした行動がキッカケになる!



【関連記事はこちら】

このページの先頭へ