薄毛は遺伝する?

薄毛は遺伝するという話をよく耳にします。
「親が薄毛だからもうあきらめてる」という方も少なくないでしょう。
実際のところ、薄毛は遺伝するのでしょうか?

結論からいうと、薄毛は遺伝します。
しかし、勘違いしないでほしいのが、
薄毛が遺伝したからといって必ずハゲるとは限らないということです。
それは、遺伝するのは薄毛になりやすい体質だからです。


薄毛、つまり脱毛を引き起こしやすい男性ホルモンがあります。
それは「ジヒドロテストステロン(DHT)」と呼ばれる物質で、
この「ジヒドロテストステロン(DHT)」の量を増加させるのが
「5α-リダクターゼ」という男性ホルモンの1種です。

この「5α-リダクターゼ」が多ければ多いほど、薄毛になるリスクは高くなります。
そして、遺伝するのは、この「5α-リダクターゼ」の分泌量だということがわかっています。
つまり、薄毛になりやすい体質が遺伝するということです。

薄毛の体質は母親からの影響を受けやすく、
母親が薄毛の場合はその影響が強くあらわれます。
両親とも薄毛の場合は、ほぼ100%薄毛体質は遺伝するといっていいでしょう。


「じゃぁ、何をしても意味がない。どうせハゲるんだから・・・」
とあきらめるのは間違いです。
確かに薄毛の体質は遺伝しますが、必ずハゲるというわけではありません。
両親が薄毛で、兄弟の片方だけがハゲて、もう片方がフサフサ。
というケースもあるように、薄毛は遺伝だけでなく、
生活習慣や食生活などの影響も大きく受けているからです。


遺伝するのは薄毛になりやすい体質。必ずハゲるというのは嘘。



【関連記事はこちら】

このページの先頭へ