見逃してはいけない薄毛のサイン

最近フケが増えたような気がする

フケは大量に発生することで毛穴をつまらせ、細菌を異常繁殖させます。
毛穴の中で繁殖した細菌の影響で、抜け毛が進行することも。

フケはもともと健康な頭皮にもある正常な肌サイクルの一環です。
フケとは頭皮の不要な角質細胞のことで、頭皮のアカとも呼ばれています。
この頭皮のアカは普段は小さく、目にはほとんど見えません。
毎日のシャンプーで自然にはがれ落ちていくものなのです。

しかし、フケが目に見えて増えてきたり、異常に多い場合は要注意。
乾いたフケが原因の「ひこう性脱毛症」の可能性や、
その他の脱毛症の兆候かもしれません。


頭皮のべたつきが気になる

頭皮は本来、適度は皮脂によって紫外線や外部の刺激から守られています。
しかし、べたつきが気になるということは、
皮脂が大量に分泌している証拠。
余分な皮脂は外気に触れたり、紫外線にあたることで酸化し、
過酸化脂質という物質に変化します。
この物質は刺激が強く、頭皮の大きな負担に。

深刻なダメージを負った頭皮は、正常な発毛が出来ず薄毛の原因に。
また、過剰な皮脂が毛穴つまりによって起こる「脂漏性脱毛症」の可能性もあるので
頭皮のべたつきが気になる人は注意が必要です。


頭皮が硬くなった

頭皮を指で触ってみましょう。
「硬いな」と感じましたか?
頭皮が硬いということは、毛細血管が収縮し、血行不良が起こっている可能性があります。
血行不良に陥った頭皮は、発毛に必要な栄養素がうまく届かず栄養不足に。
髪の成長に必要な栄養が足りないため、うまく発毛できず脱毛の原因になります。

頭皮の血行不良は、偏った食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどの影響が考えられます。


頭皮が黄土色や赤色に変色している

鏡で地肌を見てみて、黄土色や赤色に変色している場合は要注意です。
頭皮が変色しているということは、炎症を起こしている可能性があるからです。

頭皮の炎症はそのままにしていると、フケやかゆみ、べたつきにつながり、
それが深刻すると髪が細くなったり、抜け毛に発展します。
頭皮の変色に気づいたら、炎症を起こしている原因を確認して、
早めにケアしましょう。


クシの通りが悪くなったり、髪の毛のパサつきが気になる

「最近、なんだかクシの通りが悪くなった」
「髪の毛が極端にパサついたり、傷んだりしている」

と感じたら、頭皮が悲鳴をあげている危険があります。

髪の毛は頭皮の毛母細胞というところから生まれます。
つまり、健康な髪の毛は健康な頭皮から生まれるのです。

パーマやカラーリングをしてないのに、極端に髪の毛の傷みが気になる場合は、
頭皮が正常でない可能性が。
そのまま放置していると、フケやかゆみなどの頭皮トラブルに発展し、
さらに進行すると抜け毛、薄毛につながります。



【関連記事はこちら】

このページの先頭へ