抜け毛が多くなった

抜け毛は頭皮トラブルの中でも深刻でなおかつすぐに改善することが難しいと言われています。
進行すると薄毛に発展することもあるので、
「最近抜け毛が多くなってきたな」と思ったら、早めの頭皮ケアを始めましょう。

以下では主な抜け毛の種類と原因、対策方法をご紹介します。

抜け毛の種類  ■ 男性型脱毛症(AGA)の原因と特徴  ■ びまん性脱毛症の原因と特徴
脂漏性脱毛症の原因と特徴  ■ 粃糠(ひこう)性脱毛症の原因と特徴  ■ 分娩後脱毛症
抜け毛に効果的な対策方法

抜け毛はタイプも症状も様々。女性と男性では根本的に違う点も

ひとくくりに抜け毛と言っても、いくつものタイプがありそれによって症状もまったく異なります。
女性と男性の抜け毛では根本的に違う面もあるため、
自分の抜け毛はどのタイプなのかしっかり理解しておきましょう。

男性に最も多いタイプ「男性型脱毛症」とは?

男性の抜け毛の中でもっとも多いタイプがこの「男性型脱毛症」と言われています。
いわゆる、頭頂部や前頭部が薄くなる症状が特徴です。

別名AGAと呼ばれるこの脱毛症の原因についてみていきましょう。

女性の代表的な脱毛症「女子男性型脱毛症」とは?

女子男性型脱毛症とは女性特有の抜け毛の症状で、
別名「びまん性脱毛症」と呼ばれています。

男性型脱毛症の女性バージョンといったところですが、
男性とは異なる特徴がみられます。

湿ったフケが原因の「脂漏性脱毛症」とは?

上記2つの脱毛症が大半を占める反面、
この「脂漏性脱毛症」は珍しい症状と言われています。
原因は頭皮から分泌される過剰な皮脂。皮脂が毛穴につまることで起こる脱毛症です。
主な特徴と原因をご紹介します。

乾いたフケが原因の「粃糠(ひこう)性脱毛症」とは?

脂漏性脱毛症と同様の症状ですが、原因が異なります。
このタイプの脱毛症の原因はフケによる毛穴つまり。
頭皮がフケによって毛穴つまりを起こし、そこに細菌が繁殖することで起こる脱毛症です。

特徴と原因をみていきましょう。

女性限定の一時的な脱毛「分娩後脱毛症」とは?

その名の通り、分娩後に起こる一時的な脱毛症です。
妊娠中に起こる女性ホルモンの急増が原因で起こることがわかっており、
自然治癒が可能と言われています。

すべての抜け毛に共通する対策方法

上記のように抜け毛には様々な種類があり、症状もバラバラです。
当然、原因も異なりますが共通する原因もあります。
そして、共通する対策方法も存在します。

ここではすべての抜け毛に共通して効果が期待できる対策方法をご紹介します。

このページの先頭へ