ブラッシングのススメ

シャンプーの前に数秒で出来るブラッシングを行うことをおすすめします。

ブラッシングをすることによって、髪についたほこりや汚れをかなり落とすことができ、
その後のシャンプーの泡立ちが良くなるからです。

厳密に言うと、ブラッシングは直接頭皮をケアするという目的ではありません。
あくまでも、ブラッシングをすることで髪の毛のほつれをとり、汚れやほこりをある程度落とすことで シャンプーの泡立ちをアップさせ、毛穴につまった汚れや皮脂を取りやすくするというのが本来の目的です。


やり方は簡単。
お風呂に入る前に、髪が濡れていない状態で髪の毛をブラッシングしましょう。
これは髪が短い人も実践してください。
髪の毛が長い人は根本から無理にブラッシングすると髪の毛や頭皮にダメージを与えるので、
必ず毛先から順に丁寧にブラッシングしてください。 髪の毛のほつれを解くと同時に、ほこりなどの汚れを落としているという意識を持って行いましょう。

その後は丁寧にシャンプーしてください。
いつも以上に泡立ちが良くなり、洗いやすくなっているはずです。


ブラッシングでシャンプーの泡立ちをアップ♪


ブラッシング時の注意点

ブラッシングはシャンプー前に数秒行うだけの簡単なケア方法ですが、
実践するときに注意すべき点がいくつかあります。

まず、あくまでもブラッシングは髪の毛についたほこりを落とすことが目的だということ。
間違ってもブラッシング時に頭皮を刺激しないようにしましょう。
ブラッシングで頭皮を傷つけるとそこからトラブルを引き起こすこともあるので注意してください。

もう一つの注意点は、ブラッシングするブラシを清潔に保つということです。
髪の毛がこびりついていたり、何か月も洗っていないブラシは雑菌が大量に繁殖しています。
シャンプーの前といっても、頭皮に悪影響を与える可能性もあるので、
ブラシはいつも清潔に保つようにしましょう。
少なくとも2週間に1回程度は水洗いするとブラシを常に清潔に保つことが出来ます。


以上のような注意点を意識しながら、ブラッシングを行ってください。
このケア方法は今日からでも始められます。
頭皮だけでなく、健康でコシのある髪を作るための習慣にしましょう。



【関連記事はこちら】

このページの先頭へ