分娩後脱毛症とは?

分娩後脱毛症とは、出産後に現れる女性特有の一時的な脱毛症です。
通常、分娩後脱毛症になると、髪の毛のハリやコシがなくなり細くなったり、
抜け毛が増えるなどの症状があります。
しかし、ほとんどの場合は目立つほど深刻な状態にはならないのが普通です。

分娩後脱毛症の原因は、妊娠中に女性ホルモンの1種であるエストロゲンが急激に増えることで、
髪の毛の成長サイクルが「成長期」から「休止期」に一気に変化することが考えられます。
また、胎児に栄養を吸収されてしまうため、血液中に栄養素が不足し、
その結果、発毛が正常に行われなくなります。

この脱毛症はほとんどの場合、ホルモンの乱れが正常に戻れば自然に回復します。
しかし、出産後のストレスや育児疲れなどで心身に負担がかかると、
稀に抜け毛が収まらなかったり、さらに進行すると円形脱毛症に発展することもあります。

分娩後脱毛症はホルモンバランスが大きく影響しているので、
生活習慣や食生活に気を付け、なるべくストレスを溜めないようにするのが
回復を早める近道です。


分娩後脱毛症は出産後にあらわれる一時的な脱毛症

関連記事はこちら

このページの先頭へ