粃糠(ひこう)性脱毛症とは?

粃糠(ひこう)性脱毛症は、乾燥したフケがかさぶた状になり
頭皮の毛穴を塞ぐことによって起こる脱毛症です。

かさぶたが毛穴につまることで、細菌が異常に繁殖し脱毛します。

このタイプの脱毛症は、脂漏性脱毛症に次いで珍しいと言われています。
ひこう性脱毛症の原因はフケですが、ちょっとしたフケではこのタイプの脱毛症とは言えません。
大量のフケがかさぶたになり、毛穴につまることが原因のため、
最近ちょっとフケが増えてきたな、程度であればこの脱毛症の可能性は低いでしょう。

普通ではないフケが大量発生し、それに伴って抜け毛の症状がみられる人は
この脱毛症を疑ってみましょう。
以下では、ひこう性脱毛症の主な原因を解説します。


ひこう性脱毛症が大量発生したフケが毛穴を塞ぐことが原因

粃糠(ひこう)性脱毛症の原因

ひこう性脱毛症の原因は乾いたフケが毛穴をつまらせることによるもの。
乾いたフケが発生するのは、ホルモンバランスや間違ったケアによる頭皮へのダメージで
細菌が異常に繁殖することが考えられます。
以下のような点は、フケの原因になるので注意しましょう。


  • 脱脂力の強いシャンプーによる皮脂のとりすぎ
  • 過度のシャンプー
  • ストレスを溜めこむ
  • 偏った食生活
  • 運動不足や睡眠不足などの生活習慣の乱れ
  • 過度のヘアケア

フケには「乾燥フケ」と「脂性フケ」の2種類ありますが、
主に頭皮が乾燥しておこる乾燥フケがひこう性脱毛症のリスクを高めます。
この乾燥フケは頭皮が皮脂不足になることで発生するので、
シャンプーのやりすぎや洗浄力の強いシャンプーの使用は控えましょう。

また、ストレスや偏った食事で髪の毛の成長に必要な栄養素が不足すると、
十分な発毛ができず、脱毛の原因に。
ひこう性脱毛症は、まずフケの正しいケアを行うことが大切です。

関連記事はこちら

このページの先頭へ