女子男性型脱毛症(びまん性脱毛症)とは?

女子男性型脱毛症、別名びまん性脱毛症は
女性特有の症状で、女性の抜け毛のほとんどがこのタイプです。
男性型脱毛症の女性版といったところですが、
その症状は男性とは少し違います。

男性型脱毛症(AGA)の症状は、
頭頂部や前頭部、生え際の毛が抜けて地肌が見えるというもの。
一方、女性は男性と違い、部分的ではなく、
頭部全体の髪の毛が細くなり地肌が透けて見えるという特徴があります。

男性は、抜け毛を促進する男性ホルモンが原因ですが、
女性の場合は多岐にわたります。
以下でびまん性脱毛症の主な原因をみていきましょう。


女子男性型脱毛症は髪の毛全体が薄くなり、地肌が透けるのが特徴


女子男性型脱毛症(びまん性脱毛症)の原因

過剰なヘアケア

女性は特に男性よりも、カラーリングやパーマなどをする機会が多いです。
特に若い女性は、ヘアケアを気にしすぎるあまり、過剰になってしまい
そのために頭皮が傷つき深刻なダメージを負っていることがあります。

過度のシャンプーや、ドライアー、ブラッシングなどの影響で頭皮に負担がかかります。
また、ヘアスタイルを整えるためのワックスやジェルなども
抜け毛の原因になります。


間違ったダイエット

女性ならほとんどの人が1度はダイエットをしたことがあるでしょう。
しかし、減量を意識するあまり、極度に食事制限したり、
無理な運動を行うなどの間違ったダイエットは
身体だけでなく、頭皮に悪影響です。

過度のダイエットはホルモンバランスを乱れさせ、抜け毛の原因に。
また、食事制限の影響で栄養不足になり、頭皮に必要な栄養が届かなくなることで
、きちんとした発毛が行われなくなることもあります。


過度のダイエットは、身体にも頭皮にも悪影響!


ストレス

現代は、女性も社会進出し、バリバリ働いている人が増えました。
その結果、過度のストレスを抱える人も急増しています。

ストレス社会とも呼ばれる現代ですから、なかなか効率良くストレス解消ができずに
溜めこんでいる人も少なくありません。
ストレスは毛細血管を収縮させ、血行不足に。
頭皮が硬直することで栄養が届かなくなり、抜け毛の原因になります。


老化現象

女子男性型脱毛症は、そもそも加齢による老化現象によって発生する脱毛症です。
加齢により、頭皮の血行不良や、毛根の衰えで髪の毛が細く弱くなり、脱毛します。
60代以降になれば、個人差はあるものの誰もが経験することなのです。

しかし、最近では老化以外の原因により、20代の若い女性にも症状が発生しています。

関連記事はこちら

このページの先頭へ