べたつきの原因

糖分や脂肪分のとりすぎ

頭皮がべたつくのは毛穴から分泌される皮脂の量が増えるから。
この皮脂の過剰分泌は、毎日の食生活が大きく関係してきます。

あなたはケーキやチョコレートなどの甘いもの、
または揚げ物や牛肉や豚肉などの肉類を好んで食べていませんか?
このような甘いもに含まれる糖分や油や肉類に含まれる脂肪分のとりすぎは、
体内の中性脂肪を増やし、結果的な頭皮の皮脂過剰分泌をまねきます。

食生活の乱れに心当たりがある人は、それがべたつきの大きな原因になっている可能性があります。


ケーキや揚げ物はほどほどに。とりすぎはトラブルの元凶


頭皮を不潔にすることによるもの

シャンプーの回数が極端に少なかったりするなど、
頭皮を不潔にすることは当然べたつきの原因になります。
シャンプーの回数はすぐに見直せますし、自覚している人が多いのですが、
意外に意識されていないのは「朝シャン」派の危険性です。

お風呂は朝に入るのが習慣という人は、夜1日の汚れがついたままの状態で眠りについています。
毎日シャンプーしてるから清潔というわけではありません。
睡眠中は重要な肌サイクルが行われていて、
そこで汚れが残ったままだとうまく肌サイクルが行われずトラブルの原因に。
このように頭皮を不潔な状態にしたままだと、
べたつきに限らず様々なトラブルを引き起こす危険性があるので注意が必要です。


洗浄力の強いシャンプーによる皮脂のとりすぎ

頭皮のべたつきは上記で述べたように、洗浄不足によるものもありますが
逆に皮脂のとりすぎによるべたつきも考えられます。
洗浄力の強いシャンプーは、泡立ちも良くしっかり汚れが落とせて頭皮にも良さそうなイメージがありますが、
免疫力を保つために必要な皮脂までも取り除いてしまうことが多く、頭皮は皮脂不足に。
皮脂が不足した頭皮はそれを補おうと今まで以上に過剰な皮脂を分泌させます。
これが皮脂の過剰分泌につながるのです。

洗浄力の強いシャンプーとは、合成界面活性剤を主成分としたシャンプーのことで
高級アルコールシャンプーというタイプに分類されます。
このタイプは市場にもっとも多く出回っていて、ほとんどの人がこのシャンプーだといってもいいでしょう。
高級アルコールシャンプーは値段も比較的安く、使いやすいですが
皮脂のとりすぎによる乾燥が逆にべたつきを招いている可能性があるので注意しましょう。

カラーリングやパーマによる頭皮への刺激

カラーリングやパーマを頻繁に行っている人は、この刺激による皮脂の過剰分泌が考えられます。
カラーリングやパーマに使う薬液は低刺激といわれるものでもやはり頭皮にとっては大きな負担。
この刺激が頭皮状態の悪化をまねき、べたつきの原因になります。

ストレスや運動不足による血行不良

ストレスや運動不足による血行不良はべたつきだけでなく、大きなトラブルのきっかけになります。
特に過度のストレスは毛細血管を収縮させるため、著しい血行不良の原因に。
ストレスは頭皮だけでなく、身体にも悪影響のため溜めこむのは避けましょう。

また、運動不足で新陳代謝が低下すると血液中から頭皮に運ばれる栄養素が十分に届かなくなり、
頭皮が栄養不足に。
栄養が不足した頭皮は免疫力が低下し、べたつきの原因に、
それ以上に、頭皮に十分な栄養が届かないと抜け毛や薄毛を引き起こす危険があるため要注意です。


ワックスなどの整髪料の油分の影響

ヘアスタイルを整えるために使うワックスなどの整髪料には油分が大量に配合されています。
この油分は、シャンプーで十分に洗い流せずに残ってしまうことが多く、
これが毛穴つまりや皮脂の過剰分泌をまねきます。

特に男性はワックスやジェルなどの整髪料を使う人が多く、
髪の毛が短いため地肌に近い部分につける傾向があります。
地肌に直接つけていなくても、汗などで流れ頭皮に残ることがあるため
整髪料の油分には注意しましょう。




【関連記事はこちら】

このページの先頭へ